Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/startpack5/belleskitchen.net/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

フランス料理 の記事一覧

フランス人なスープ生活

【スープを食べないと大きくなれないわよ!!】

ご飯を食べない子供達にフランスのお母さんが1番言う言葉です☆

日本だと良く牛乳は聞くのですが【なぜスープ?】

1杯のスープにはたくさんの野菜が入っているのです♪

フランスで長い歴史を持つスープ、材料は全て野菜☆

私がマダム達から教わったのはベースの野菜、じゃがいも、人参、

玉葱に主になる野菜を加えて煮込み最後はバーミックスや

ミキサーを使います‼︎

毎週末マルシェで野菜をたくさん買って鍋いっぱいに作って

毎夕食に美味しくいただきます。

17世紀の喜劇作家モリエールは

「私は美味しいスープで生きているのであって、上品な言葉で生きているのではない」

という言葉を残しましたが、フランス人にとっては1番身近で

1番幸せになるお料理なのかもしれませんね!

今回一緒に挑戦してくれたのはベルエポック卒業生で

今はなんと女性バーテンダー、美味しいカクテルを作りながら

かっこいいシェイクを見せてくれました♡

そしてスープの盛り付けにはカルビーさんからご提供いただいた

野菜チップスを添えました♪

野菜をたくさん取り入れられるマダムの簡単フレンチレシピ、

是非挑戦してみてくださいね!

レシピ動画はこちら↓

材料

ベースの野菜

ジャガイモ2個

人参1本

玉葱1個

動画ではブロッコリーと人参のスープを作っています。

+人参1本

+ブロッコリー1個

塩&チキンコンソメ

お好みで牛乳又は生クリーム

作り方

①材料を細かく切ります。

②鍋に①を入れて材料が浸る程度にお水を入れてチキンコンソメを入れて

煮る

③煮汁と材料を分けて、材料はバーミックスで潰す。

④主になる野菜を同じように煮て、バーミックスで潰す。

⑤潰した③と④の材料を合わせる(主の野菜の色味が出るように)

  1. ⑥⑤に煮汁を戻して塩やお好みで牛乳、クリームを加えて味を整えたら出来上がり

 

 

 

 

 

 

パティシエと作るヨーグルトレシピ【ヨーグルトダンジュ】

皆さんは【クレームダンジュ】聞いた事はありますか?

フランスはアンジュ地方の郷土菓子、フランス特産のフロマージュブランにメレンゲやクリームを合わせて作る白いフワフワのデザート☆

口に入れるとフワフワな至福の食感が楽しめる事から

アンジュ(フランス語で天使👼👼)天使のデザートとも言われています♪

動画ではご家庭でも簡単に作れるようにヨーグルトを使って

みました。フルールとの相性も抜群ですので‼︎

季節のフルーツとデコレーションしてみてくださいませ♡

今回一緒に作ってくれたのはベルエポック製菓調理専門学校卒業生の中野くんです。

中野君は私の教え子♪クラスいち手のかかる‼︎笑

学生でしたが、卒業後、その学年でも優秀なパティシエになって

名店で大活躍するようになりました♪

今でも定期的に私のお店に来てくれて近況報告をしてくれる姿を見ているとお菓子作りの楽しさを改めて知る事が出来ます♡

プロのパティシエならではの盛り付け方も参考になりますよ♪

ヨーグルトダンジュ

レシピ動画はこちらをご覧くださいませ

1) Fouettez la crème fraîche et le sucre en chantilly.
生クリームと砂糖を八分立て

2) Montez les blancs d’oeufs en neige ferme, en y incorporant le sucre glace.
卵白を立てて粉糖を混ぜ入れる

3) Mélangez la crème, le yaourt et les blancs en neige en les incorporant délicatement à la spatule.
クリームとヨーグルトを混ぜて、卵白を混ぜ入れる

4) Mettez ce mélange dans le saladier,
Refermezー le avec le film et mettez dans le fligo toute une nuit en l’égouttant de temps en temps.
混ぜたものをボウルに入れてフィルムをかけて一晩寝かせて離水させて出来上がり

フランスのアンジュは古城とワインが有名な

ロワール地方の街。

古くからの建物が街並みを彩るとってもフランスらしい地域です♪

下記はフランス観光サイトです

http://jp.france.fr/ja/discover/31184

良かったらクリックしてみて くださいね!

そしてベルエポック製菓調理専門学校では

常時オープンキャンパスを実施しています♪

作りたかったお菓子やお料理に出会えるかもしれません‼︎

ご興味がある方は是非こちらもクリックしてみてくださいね!

http://www.seika.belle.ac.jp/event

 

 

タルトタタンレシピ

タルトタタンはタタン姉妹の失敗から生まれたレシピ♪

その昔、タタン姉妹が経営するホテルでリンゴのタルトを焦がしてしまいました。どうにかならないかなー、とそのタルトの焦げを隠すためにひっくり返し返して出したのがタルトタタンのはじまりです!

今回は東京ベル エポック製菓調理専門学校パテイシエ科の卒業生で

現在は高井戸のノリエットで活躍している牧野君と挑戦しています♪

ノリエットは焼き菓子が有名‼︎当日も素敵なお土産を持って

現れてくれました♪

牧野君は学校を卒業してからずっとノリエットで頑張っています‼︎

 

タルトタタンの作り方

〜パットウブリゼ〜

①ボウルに卵と牛乳を加えて混ぜる

②薄力粉に塩と強力粉を加えて振るう

③バターを加えて②に混ぜる

④③の中心にくぼみを作って①を加えてこねる

⑤まとめた生地をラップに包んで冷蔵庫で寝かせる

⑥打ち粉を引いて生地を伸ばして使う鍋の大きさにカットする

〜リンゴのキャラメリゼ〜

①リンゴの皮を剥いて適当な大きさにカットする

②砂糖とバターを鍋に入れて溶かし、溶けたらリンゴを加えて煮る

③もう一つの鍋にバターと砂糖とバニラビーンズを 入れて火にかけ、ビーンズを抜いて②を加えて煮る

④焼く鍋に③を隙間なく詰めて、上からカットしたパットウブリゼをのせる。

⑤180度のオーブンで20分焼いたら出来上がり

  •   

タルトタタンの料理動画はこちらをクリック

制作:ベルエポック製菓調理専門学校グループ
協力:ビストロエガリテ

出演:田中勇一 (ビストロエガリテ
:牧野翔太 (東京ベルエポック製菓調理専門学校卒業生 / ノリエット )

 

ブルゴーニュ地方の郷土料理 ブッフブルギニョンの作り方

フランス東部に位置するブルゴーニュ、フランスきっての美食の地域の地方の郷土料理【ブッフブルギニョン】は赤ワインを使った牛肉の赤ワイン煮込みです。

オーブンで煮込むと4〜5時間かかる煮込み料理ですが、

今回はご自宅でも簡単にできるように圧力鍋を使いました!

わずか40分程度でトロトロの煮込み料理の出来上がり♪

今回は、 ベルエポック製菓調理専門学校の卒業生で、

現在は駒澤大学にある「ビストロコンフル」で腕を振るう可愛らしい女性シェフ👩‍🍳畠山ひとみちゃんと挑戦しています。

 

ブッフブルギニョンの作り方

①野菜をそれぞれ同じ大きさにカットする

②牛バラ肉も同じくカットする

③①②を合わせて赤ワインで一晩マリネする。

④一晩マリネした③の具材を取り出し、お肉は水気をとって

塩&胡椒で下味を付けて小麦粉をまぶす。

⑤フライパンで④のお肉を焼く

⑥圧力鍋に野菜を入れて炒めてトマトペーストを入れ、小麦粉を加えてよく混ぜ、⑤のお肉を加える。

⑦⑥にマリネしていた赤ワインを入れて煮込みアクを取り、その後オーブンは4時間、圧力鍋は40分〜50分煮込む。

⑧⑦からお肉と具材を取り出して残り汁からアクを取って沸騰させて、お肉を入れてとろみを出したら出来上がり♪

 

グラタンドウフィノワの作り方

①ジャガイモを ピーラーでスライスする

②①に生クリームを加える

③にんにく、塩&胡椒を加えて炒めて濃度をつける。

④型ににんにくで香りを付けて具材をいれる。

⑤チーズをかけてオーブンで焼く

 

ブフブルギニョンの料理動画はこちらをクリック

制作:ベルエポック製菓調理専門学校グループ
協力:ビストロエガリテ

出演:田中勇一 (ビストロエガリテ
:畠山一海 (東京ベルエポック製菓調理専門学校卒業生 / ビストロコンフル )